【日本人にどうしても知ってほしい『13秒』の裏側】パイロットが未熟だから事故が起きたと散々罵られた裏には、管制からの「緊急脱出命令」に背いた男達の決死の覚悟があった・・・

102

航空自衛隊入間基地所属のパイロット2名が埼玉県狭山市の入間基地北東約2キロの河川敷に墜落し、殉職した事故の真相

1999年11月22日午後の事だった。

この墜落事故により、東京電力の高圧送電線を切断。

東京・埼玉の約80万世帯で停電する事態に至った。

 

翌朝の報道では、

「自衛隊機、また事故」

「東京・埼玉で一斉停電」

「税金の無駄使い」

と散々罵られ、

さらに事故機がT-33型Aジェット練習機と伝えられたためか、

「パイロットが未熟だったために事故は起こった」

と、殉職した自衛官は散々に叩かれ、名誉を著しく傷つけられた。

2人とも、航空学生*出身で飛行時間5000時間を超えるベテランのパイロットであったにも拘らず・・・
*航空学生は、将来自衛隊のパイロット等を養成するコースで、第12飛行教育団で約2年間、基礎教育・飛行訓練を受ける。入隊時からパイロットをめざしているので、技量の優れたパイロットが多いと言われる

 

当時の瓦力防衛庁長官が

「この停電のため、首都圏のJRや私鉄が一時止まり、約6万5千人に影響した。」今回の事故について「乗員2人が死亡するとともに東京電力の高圧線を切断しました。このような事故が発生したことは誠に遺憾で、今なお一部の方々にご迷惑をかけています。心からお詫びします」

と謝罪する事態にまで発展している。

 

しかし、その忌まわしき事故から一年後。

 

航空事故調査委員会の報告書に挙がった内容に、世間の目は一変。

 

殉職した自衛官の、まさに自衛官たる決死の決断により、多くの命が守られたのだという事が判明したのだ!!

続き