【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

■ 荒木春雄大尉(享年21歳) 妻に宛てた手紙

【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

第51振武隊(悠久隊)にて知覧飛行場より出撃。新妻・しげ子さんと結婚したのは特攻隊となったとき。

■ 穴沢利夫大尉(享年23歳) 婚約者に宛てた手紙

【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

― ―

昭和20年4月12日、特別攻撃隊「第二十振武隊」隊員として一式戦闘機「隼」に

乗って知覧飛行場より出撃、戦死。女物のマフラーを巻いたまま、

敵艦に突っ込んでいったと伝えられる。

穴沢利夫大尉の婚約者だった伊達智恵子さんは、

穴沢利夫大尉が吸った煙草の吸い殻をずっと寄木細工の小箱に入れて持っていました。

「彼の唇に触れた唯一のものだから」

【涙腺崩壊】若き特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書!最期に彼らが伝えたかった想いに涙が止まらない・・・【感動必至】

次ページへ続きます