【衝撃】世界一のイチローが若かりし頃に、ゴジラ松井を公共の面前で蹴った理由が・・・ちょっと面白すぎるww【動画あり】

1999年に開催されたプロ野球オールスターゲームの第一戦。この試合で、イチローが松井に蹴りを噛ますという、前代未聞の出来事が起こりました

 

この年は、松坂大輔、上原浩治がルーキーでオールスターに初選出された年。

この時のメンツを見ると、めちゃくちゃ豪華ですよね!

後にメジャーに行く選手が12人もいる!!!

 

両軍監督は、セが権藤博(横浜)、パが東尾修(西武)。両監督とも粋な計らいで、松坂・上原の両ルーキーを先発させました。

 

松坂は初回から二者連続三振を奪うなど素晴らしいピッチングを披露。

合計5三振を奪い優秀選手賞を受賞しました。

 

そして、その裏のパ・リーグの攻撃。

上原も二者連続三振の好スタートを切りましたが、パの三番はイチロー。

― ―

イチローは追い込まれながらも、セの新人・上原にプロの洗礼を浴びせるバックスクリーンホームランを放ちます!

 

明日の新聞の一面は俺だ!とホームインの時にアピールするイチロー。

 

悔しがる上原。

 

この時の稀少動画を次ページでご覧下さい。