【衝撃の真実】皇族の夜の営み事情を関係者が大暴露!!⇒驚愕の内容が想像を超えている・・・

種散之儀(たねちらしのぎ)

一、まず、沐浴を行い、身を清めます。

二、種散之儀用の礼服(股の開いた袴)を着用します。

三、裸体の描かれた屏風を用意します。

四、懐紙を載せた四方を、その前に置きます。

五、四方の前に座し、右手で御棒を握ります。左手は、膝の横に置きます。

六、屏風の絵を鑑賞しながら、右手を前後に動かし、御棒を摩擦いたします。

七、散(ちらし)の気配があれば、四方の懐紙を左手に取り、御棒の前を軽く押さえます。

八、心の天にいたるときも、種はこぼしあそばぬよう、懐紙で受け止めます。

九、「よい」と合図いたしますと、侍女が部屋に入ります。

十、侍女の「お相手は如何なされました」の言葉には、「もう帰られた」と答えます。

十一、屏風に一礼し、座したまま三歩さがります。

十二、立ち上がり、もう一礼して、十六歩で部屋を出、儀を終えます。

― ―

※イメージ

【衝撃の真実】皇族の夜の営み事情を関係者が大暴露!!⇒驚愕の内容が想像を超えている・・・

一読すれば如何にも怪しい文面であることが

お分かりになると思います。

言葉の端はしに日本語として

誤った使われ方をしてるものがあります。

皇族の自慰行為の仕来り?

をさももっともらしい言葉遣いで書かれていますが、

これが捏造であると思われる不審な点を

次のページで3つ上げます。

次ページへ続きます