【衝撃の真実】皇族の夜の営み事情を関係者が大暴露!!⇒驚愕の内容が想像を超えている・・・

捏造であると思われる不審な点

1.日本語の誤り:「御棒」などという言葉はありません(笑)。”逸物”を指しているのでしょうが、何にでも御を付ければ丁寧になる訳ではありません。いやしくも皇族の”逸物”を棒呼ばわりするなど不敬極まりないことです。

2.儀式の順番がおかしい:沐浴とは身を清めることであるはずです。それが自慰の前に行うことは、まあ理解できますが、自慰後に沐浴をしないということは不自然です。本義にもとります。汚れた逸物を清めないということになりますので。

3.侍女の役割が不明確:”お相手”なる実在の女性が、いつ部屋に入られたかを侍女が確認する記述も無く、皇族に呼ばれて部屋に入り、そこで皇族から「もう帰った」と言われることになります。これは不自然すぎます。

これは如何にも「侍女」という言葉を使って、文面をもっともらしくさせる為だけのように思えます。そもそも部屋の設営の際に侍女はどこにいるのか?という説明もありません。

侍女は”相手”が帰ったにもかかわらず皇族の精子のついた懐紙や裸体の描かれた屏風を始末させられるのでしょうか?逆に部屋の片づけをしないなら何故皇族に呼ばれたかも意味が分からなくなります。

以上の点から「種散之儀」(たねちらしのぎ)は捏造であると断言できます。いやしくも日本人たるもの、このような不敬なものに惑わされないようにしたいものです。

― ―

何か映画やテレビで描かれた「大奥」の

殿さまの夜の営みの儀式を基に、

勝手に想像で捏造した内容ですね。

ネットの反応

・ただのオ〇ニーじゃねーか

・皇族ってやっぱり結婚するまで純潔なのかな

ここに佳子様のご学友がいらっしゃったら直接お聞きしてきてほしいです

・いんちき丁寧語で書かれているが、ただの自慰行為をこのような表現で面白がってる

・ザイ〇チがでっちあげたか

まだまだあるネットの反応次のページから!

次ページへ続きます