【週刊文春砲炸裂】自民党から参院選出馬し、初日に事故った青山繁晴氏。前職時の横領を暴かれ、選挙前に大打撃を喰らってしまう

【週刊文春】自民参院候補・青山繁晴氏、経費450万円の私的流用を指摘され、共同通信を退社していた

自民党が参院選比例区で最後に公認した青山繁晴氏(63)が、経費の私的流用を指摘され、共同通信を退社していたことが、週刊文春の取材でわかった。

参院選の選挙運動解禁初日に、選挙カーで事故を起こしてしまった青山繁晴さん。


― ―

民間シンクタンク「独立総合研究所」社長でジャーナリストの青山繁晴(しげはる)氏が、22日公示の参院選(7月10日投開票)に立候補する意向を固めたことが20日、分かった。青山氏は同日午後、大阪市内で記者会見し、出馬する選挙区などについて説明する。

 青山氏は、元共同通信記者で退社後に同研究所を設立。テレビの報道番組にも出演し、政治や外交、安全保障など幅広い分野で積極的に発言している。産経WEST

初っ端からミソついてしまっていましたが、まさか、週刊文春砲を喰らう前触れだったとは・・・・

選挙前にアウトっぽいですね。舛添さんチックな青山さんの過去。詳細は次ページでご覧下さい。

 

次ページへ続きます